自販機を設置で社員のコミュニケーションを取りやすくする

男性

飲料水を販売する方法

白い自販機

飲料水などを販売している自販機を設置する時には、設置場所を工夫する必要性があります。道を歩く人々が商品に注目するような場所に自販機を設置したり、魅力的な商品ラインナップを揃える事で、売り上げを上げる事が可能です。

もっと見る

使わないスペースを使う

ペットボトル

メーカーを選ぶ

飲料メーカーごとに自分の自販機を持っています。これは無人販売を円滑にするために重要であるとともにスペースあたりの利益を大きくするためです。自販機の前で即決で選んでも、悩んで選んでも自販機の中の選択肢から選ばれるということは飲料メーカーの商品が売れることに変わりありません。なので、大事になるのは飲料メーカー選びです。設置するならば当然需要のあるメーカーの自販機を選ぶのは当然です。会社内部ならばコーヒー重視、道端ならば品揃え重視、スポーツ施設ならばスポーツドリンク重視というふうに、設置する場所によって好まれる飲料は変わります。そして、飲料のメーカーごとに得意分野の飲料の種類があります。自販機を設置する時にはそれを考慮して選びましょう。

スペースの有効活用

建物や駐車場にはどうしても余ってしまうスペースがあります。それは将来的に物の配置を変えたり、他の用途のための準備だったりと様々です。ですが、それはつまり今は使わないスペースを作るという事です。そんなスペースに自販機を設置してみてはいかがでしょうか。建物を使う人に余計な外出の手間を省いてもらうと同時に、自販機から商品を購入してもらえれば自分の副収入を得ることが出来ます。そうすれば自販機を設置した人、利用する人の両方に利益があります。また、自販機はメーカーが設置費用の一部を負担してくれるので自分の出費が少なくて済みます。なので、使わないスペースができたら自販機を取り敢えず設置してみてはいかがでしょう。

コミュニケーションの場を

自販機

メーカーの違う色々な自販機を設置してしまうと、後からの管理が非常に大変になる場合がありますので、一元管理してくれる会社に依頼するようにしましょう。福利厚生の一環として自販機を設置すると、社員の業務の効率化や健康意識を高めることもできます。

もっと見る

お手軽な費用と高い効果

端末とコーヒー

オフィスコーヒーは、設置場所のデザインや面積に合わせて選択できます。小休止のきっかけとして活用すると、低下しがちな作業効率をリセットする効果も期待できます。いずれのタイプもレンタルでお手軽に導入できますが、利用者に合わせることも重要です。上手な活用方法でサービス向上にもつなげられます。

もっと見る

リンク

  • 自動販売機設置条件比較君

    自販機の設置に関する相談はここへ。いつでも飲み物が購入できる環境になるため、多くの人気がありますよ。